過敏性腸症候群の原因と治療法

過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性腸症候群(IBS)とは過敏性腸症候群は、下痢のイメージが強いのですが、便秘も含まれます。腹痛と便秘や下痢などの便通異常が長期間継続する状態が続いているのに、レントゲンや内視鏡、便の検査をしてみても、何の異常も見られない場合、過敏性腸症候群の可能性があります。ストレスや緊張でお腹が痛くなり、下痢や便秘を起こすことから、「病気ではない」と考えてしまう方も多いのですが、過敏性腸症候群は治療することができる病気です。

数多くの方が悩んでいる過敏性腸症候群は、生命にかかわることはありませんが、生活の質を著しく低下させる病気です。自己判断で下痢止めや便秘薬を服用してかえって悪化させてしまう場合もあります。しっかり診断を受けて、適切な治療を受けることをおすすめしています。

過去3カ月の間、1カ月あたり3日以上に渡って腹痛や腹部不快感が繰り返し起こり、排便によって症状が改善する、発症時に排便頻度の変化がある、発症時に便形状(外観)の変化があることが認められた場合、過敏性腸症候群が疑われます。

ただし、過敏性腸症候群は、症状だけで診断を下すことはできません。なぜなら、似たような症状を起こす病気に潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患、腸のポリープ・がん・憩室(けいしつ)などがあるためです。こうした病気ではないか内視鏡検査で確認することによって、はじめて過敏性腸症候群という診断を下すことができます。

症状

下痢型、便秘型、そして下痢と便秘を繰り返す交代型があり、腹痛と同時に下痢や便秘といった便通異常が長期間継続します。ほとんどの場合、腹痛は便意をともない、排便後、一時的に症状が軽快する傾向があります。特徴として、睡眠中には症状がありません。

腹部膨満感や不意におならが出てしまうといった症状や、消化器以外の症状が見られる場合もよくあります。

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因まだはっきりとわかっていませんが、腸内細菌・食べ物・ストレスなどによる内因性、粘膜の炎症や遺伝などによる外因性があると考えられています。

最近の研究では、きっかけは腸内細菌や食べ物・ストレスなどにあり、こうしたことで自律神経の働きに異常が起こり、腸のぜん動運動に障害を起こして一時的に腸の動きがおかしくなることで症状が出るとされています。そして、便通異常は繰り返すと腸が刺激に対して敏感になっていきます。これにより、さらに症状が強まる悪循環が起こります。

緊張や不安だけでなく、過労や睡眠不足、不規則な食事などは腸のぜん動運動に変化を起こします。下痢は腸のぜん動運動が活発になり過ぎていることから起こり、逆にぜん動運動が鈍くなると便秘を引き起こします。

ストレスが大きく関わっているため、検査で胃腸に病変がないことを確認すると安心して症状が治まってしまうケースもあります。気のせいと考えず、一度ご相談ください。

過敏性腸症候群の治療方法

内視鏡検査で腸に病変がないかを確認し、他の消化器系の病気が見つからなかった際に、はじめて過敏性腸症候群と診断されます。当院では苦痛のない内視鏡検査を行っていますので、安心してご相談ください。

治療では、下痢型、便秘型、混合型のタイプや症状の強さに合わせて、薬物療法や漢方治療、生活習慣改善などを行います。

薬物療法

腸内細菌叢(さいきんそう)を整える薬、腸管の動きや便の堅さを調整する薬など、タイプや症状に合わせて選択します。

また、症状が出る前の予兆が起こった時に服用して、つらい症状を和らげる薬もあります。

ほかに、腸の過敏性を改善する薬やストレスに伴う気持ちの沈みこみ・不安を抑える薬を使用する場合もあります。

漢方治療

漢方薬は自然に近いお通じを促すため、薬物療法と併用して漢方薬を使った治療も可能です。腹部膨満傾向がある場合には、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)が効果的な場合がよくあります。特に便秘傾向がある場合は、桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)がおすすめできます。

生活習慣改善

生活習慣改善ストレスの軽減や規則正しい生活、食物繊維を多く含みバランスのいい食事は過敏性腸症候群の症状を改善させるために重要な要因です。
忙しくても入浴などでリラックスできる時間を作り、睡眠をしっかりとってください。朝日を浴びることも重要なポイントです。また、食事の時間が不規則になると腸の働きに悪影響を与えます。朝食は必ずとって、3食を規則正しく食べるようにしましょう。

食事内容では特に食物繊維を多く含む食事は、便秘型だけでなく、下痢型や混合型にも有効です。ゴボウ、海藻、バナナ、きのこ、こんにゃく、納豆などを積極的にとりましょう。また、乳酸菌も腸内の環境を整える効果が期待できます。

タバコやアルコール、香辛料、過剰な脂肪摂取などは過敏性腸症候群の症状悪化につながりますので、控えてください。

また、下痢が起こる場合、脱水にならないよう、たっぷり水分を補給する必要があります。その際、冷たいものを飲むとお腹に刺激を与えてしまいますので、できるだけ温かいものを飲むようにしてください。

胃・大腸内視鏡検査 インターネット予約はこちら人間ドック・一般検診 インターネット予約はこちら
一番上に戻る
院長コラムスタッフ募集